TIMELESS modern furniture

mark

2023/01/31

佐古馨さんの石の彫刻作品。イタリア産トラバーチン(多孔質の石灰岩)の表情と相まってなんともいえない独自のフォルムに惹かれます。
stone carving / 佐古馨/ 奈良/ 26 x 20 x26cm/ トラバーチン

  • facebook
  • google+
  • twitter
Tags:

2023/01/24

椅子にしてもテーブルにしても「畳擦りの脚=ランナーレッグ」というのはなかなか機能的で好みのデザインです。(吉村順三さんのたためる椅子もしかり)デンマーク1950年代のテーブルに習いサイズやディテールなどに少しだけアレンジを加えて作りました。普通ネストテーブルといえば3個セットですが、こちらは2個セットで。ソファやパーソナルチェアのサイドでとても重宝するアイテムです。(素材はオーク 材とチェリー材からお選びいただけます)
2P nest table / TIMELESS+ Souichiro Kitagawa/ JAPAN/ W52(48) D38(35) H42(39.5) cm/
オーク 材、チェリー材オイル仕上げ セット価格¥92,000+tax (¥101,200)

  • facebook
  • google+
  • twitter
Tags:

2023/01/17

Kameli apartmentさんからラトビアの工芸的な手織りリネンラグの新作が届きました。ブラック&グレーのモダンラグ(140x200cm)や凹凸のあるワッフルのような作品など(150x75cm etc)いずれもこれまでのラグよりもずっしりと厚みがあり年中活躍しそうな織物に仕上がっています。併せてご好評いただいているテーブルマット(37x50cm)も複数の柄が届いていますので是非ご覧になってください。
Handwoven linen/ Kameli apartment-安倍麻樹/ made in Latvia/  table mat  50x37cm  ¥3,700+tax
rug 80×140 cm ¥86,000+tax / 140x200cm ¥138,000+tax  など

  • facebook
  • google+
  • twitter
Tags:

2023/01/07

新年おめでとうございます。TIMELESSは昨日より営業スタートしております。
コロナ に始まりウクライナの戦争、為替の悪化や物価高など複数の要因が絡み昨年も直接現地へ買い付けには行かずにいましたがそろそろ私自身が電池切れ、、、。状況を見極めながらですが今年は久しぶりに北欧の空気を吸いに(仕事しに!)行きたいと考えています。この仕事を始めてから24年間毎年欠かさず現地へ飛んでいましたのであたりまえにストレスなく渡航できない世の中は想像できませんでしたが、そのぶん次回は全く気持ち新たに行けるのではと楽しみにしています。
北欧のビンテージ品、メーカーの新作、国内外の作家さんの作品、オリジナル家具、ファブリック やアートetc  今年も他にないちょっといいモノ、TIMELESSなアイテムを独自にセレクトしていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

  • facebook
  • google+
  • twitter
Tags:

2022/12/27

アクリル画 Hanne Hermann / DENMARK/ ナラ額装 70X60 cm

  • facebook
  • google+
  • twitter
Tags:

2022/12/20

デンマーク1960年代のやや大きめのサイドボード。ローズウッドの独特の木目と色合いと相まってドアの引手やコーナーの処理にも工夫が施されていて好印象。空間を引き締めてその場の主役になり得るキャビネットです。
rosewood sideboard 2100 / DENMARK 1960’S / W210 D50 H80cm /

 

  • facebook
  • google+
  • twitter
Tags:

2022/12/13

スペインのデザイナーMiguel Mila(ミゲルミラ)によって1960年代にデザインされたフロアーランプです。いたってシンプルで簡易な作りに見えますが実は
1) シェードの高さが自由に昇降できる 2)シェードの向きも回転できて自在 3)軽量 4)コードを引き下げてオンオフする「プルスイッチ式」で邪魔になりがちなコードもデザインの一部として生かされている 5)簡単な分解組み立て式で梱包、輸送にも利点 と他にない特徴がある優れたランプです。照明に限らずシンプルな仕組みと構造で機能面も兼ね備えた美しいデザインを生み出すというのは至難の技ですからあたらめてこのデザイナーの力量を感じています。
TMM / Miguel Mila 1961 / SANTA&COLE/ SPAIN /
写真 はウォルナット材¥160,000+tax (¥176,000) オーク材 ¥150,000+tax (¥165,000)

2022/12/06

福岡市で作られている鋳物の卓上小物シリーズです。デザインされたシンプルなフォルムに加えて鉄の鋳物ならではのずっしりとした重みと特殊な処理で自然な「錆」を再現した表情が魅力。こうなると中に入れるペンや鉛筆などの文房具にもこだわりたくなります。何気ないけど上質で飽きのこない「大人な」机上のしつらい。これもありそうで無かったものの一つです。
IMONO / design Kazunaga Sakashita/ HinoLab M/ Fukuoka-JAPAN/
レターラックW20D10H8.5cm ¥8,800+tax / ペンスタンド(円筒)R8 H8cm  ¥8,400+tax
カードホルダーW8 D5.7H4.6 cm¥6,900+tax/ ペントレイW23 D6.6H1.8cm ¥6,600+tax

 

  • facebook
  • google+
  • twitter
Tags:

2022/11/29

Kaoru Higashi 「Drifting leaves 」 / 東かおる/83x 65cm(額サイズ)

  • facebook
  • google+
  • twitter
Tags:

2022/11/22

ハンスウェグナーが1940年代にデザインしてフリッツハンセン社で製作されていた古い椅子です。ウェグナーは後にデザインされたカウホーンチェアやブルチェア、PP701、エルボーチェアなどのようにカーブした笠木を後脚2本で下から支える特徴的なスタイルの椅子を数多くデザインしてきましたが年代からするとこの椅子はその源流と言ってもよいのかもしれません。他の椅子と比較すると少し素朴な印象ながらやはりどこかウェグナーらしさを感じます。座板を取り外すとフレーム自体はスタッキング(重ねる)できるように工夫されています。(これとセットの伸長式テーブルも入荷しました)
side chair / Hans.J.Wegner 1948/ FRITZ HANSEN社/DENMARK/
W50 D48 H74.5 SH44 cm  ビーチ材 ウール布張り(HALLINGDAL)   在庫4脚

  • facebook
  • google+
  • twitter
Tags:

2022/11/15

デンマークのブックケースと言えばこのモーエンスコッホのMKシリーズ。1928年にデザインされ1932年から製作がスタートしたシリーズで厚さ11mm(扉は14mm)の薄い無垢板で構成された端正なハコは他とは一線を画す美しさがあります。今回のものは今はほとんど家具材としては使われなくなったエルム材(ニレの樹)のドア付きキャビネット。「本箱」と呼ぶにはもったいないインテリアの要になる飾り台(しつらえの台)的な家具だと思います。製作はオリジナルの工房Rud Rasmussen社です。
MK bookcase/Mogens Koch 1928/ RudRasmussens/ DENMARK/エルム材
W76 D36 H81 cm/ used

  • facebook
  • google+
  • twitter
Tags:

2022/11/08

奈良の彫刻家 佐古馨さんの作品が久しぶりに数点入荷しました。古い栗やカエデの木を轆轤でくり抜き、内側に黒い漆を塗った花器のシリーズですが、今回も佐古さんらしい力作揃いです。
木製花器/ 佐古馨/奈良/  上から栗 径22cm ゼブラウッド径28cm カエデ32cm  など

  • facebook
  • google+
  • twitter
Tags:

2022/11/01

個人的に最も好きなスエーデンの椅子の一つ、Bruno Mathsson(ブルーノマットソン)の代表作Eva chair(エヴァチェア)。今回は背の高いハイバックモデルに専用オットマン付きです。EVAのハイバックはあまり背が後ろへ傾斜していないのですが、読書やTV映画観賞などのシーンでは却って機能性、安楽性が高いように思います。このモデルでオットマン付きは少ないのですが今回はセットで。これで楽チン度が格段に違います。
Eva chair-hignback &ottoman/ Bruno Mathsson design 1934/ DUX/SWEDEN/ used

  • facebook
  • google+
  • twitter
Tags:

2022/10/25

優れた家具職人でもありデザイナーで、1940~50年代にはデンマーク家具業界振興の指揮役も担ったJacob Kjaer(ヤコブケア)の1950年代の稀有なソファです。革でパイピングとボタン留めが施されたウールのクッションは近年作り替えられたもののようでオリジナルがどのようなものだったのかは不明ですが、そのフレームはおそらくキューバマホガニーと思われる最高級材を使い、いたるところに細やかな工夫と技術が生かされているのが分かりさすがに他と一線を画すオーラを放っています。珍しいものに出会えた喜びがここにもありました。
Mahogany sofa / Jacob Kjaer 1950’s/ Jacob Kjaer/DENMARK/ W206 D89H94 cm/
(このソファは既に売約済みとなりましたが参考までに掲載させていただきます)

  • facebook
  • google+
  • twitter
Tags:

2022/10/18

インテリアの名脇役のひとつ、何かを入れても入れなくても存在感のあるうつわ。さりげなくしかしきちんとデザインされていて「1981」と刻印されたスエーデン製の大きな木のボウル。バーチ 材(白樺材)だと思われます。
wood bowl /made in SWEDEN 1981/ birch / W35D27H13cm / SOLD OUT

  • facebook
  • google+
  • twitter
Tags:

2022/10/14

モーエンセンが1950年代後半からスエーデンのメーカー(Karl Andersson & Soner)とタッグを組み大きな成功を収めた「ORESUND(ウアスン)」シリーズ。テーブルや椅子、キャビネット類と多くの商品がシリーズで展開されましたがこのチェストもその一つ。今回のは脚部デザインがが畳み擦り(ランナーレッグ)のタイプでより古い時期の製作とされています。経年して濃くなったオーク がなんともいい塩梅で。
ORESUND chest / Borge Mogensen/ Karl Anderssen& Soner/SWEDEN/ W134 D54 H84cm /
オーク 材 used  SOLD OUT

  • facebook
  • google+
  • twitter
Tags:

2022/10/04

デンマーク1950年代デザインの椅子としていまだに生産が続くロングセラー。いまやクラシックとも言えよく知られたデンマークの椅子ですが、久しぶりにじっくり眺めてみるとディテールに工夫のされた美しい椅子だと改めてその良さを見直してしまいました。後脚の前面が途中からフラットな面になりそれが背中の部材の上端へとそのままなめらかに続いているのですが、このスタイルはあまり見かけないように思います。背面下端のカーブとあいまって独特の顔を形作っていて、さすがロングセラーといった感があります。
今回のはビンテージのチークモデルを、籐張り、革張り、ペーパーコード張りの3種で張り替えてみました。同じ椅子でも座面素材によって随分印象が変わるいい参考になるかと思います。
side chair JLM71/ Niels .O.Moller 1951 /  JL Moller 社/ DENMARK /
¥105,000+tax (籐張り¥110,000+tax)

2022/09/30

秋は椅子の展示会が続きます。こちらは京都文化博物館を舞台にした主に関西で活動する40名近い木工家達の椅子の展示会。普段TIMELESSでお付き合いいただいている作家さんたちも秀作を発表するそうですので秋の京都散策のコースに是非入れていただきたいです。
きょうと椅子 https://www.kyotoisu.com  会期 /15(土)10/16(日)の2日間

  • facebook
  • google+
  • twitter
Tags:

2022/09/23

本日9/23より北田浩次郎さんの彫刻(un named)を展示スタートしました。吉野杉の大きな丸太を宮田大工の道具と技法で削り出しで作られています。全て削り出して大きなひとつの樹の塊からあえて2つの部材が合体したように見える造形を生み出しているところがミソなんですが、このインパクトはきっと私の写真では伝わらないでしょう。(私自身も以前写真を見たときは正直ピンときませんでしたから、、)TIMELESSでは10/10までフルラインで展示していますので是非実物をご覧にお越しください。(9/25午後は北田さんも在店されています)
追伸 タイムリーなご報告ですが「工芸都市高岡クラフトコンペティション2022」にてこの中の一つの作品が見事「グランプリ」を受賞しました。レベルの高い伝統あるクラフトコンペでの最優秀受賞、北田さんのこれからのご活躍の大きな節目になると思います。
高岡クラフトコンペ https://www.ccis-toyama.or.jp/takaoka/craft/selection22/2022-042/

  • facebook
  • google+
  • twitter
Tags:

2022/09/20

「実直」で「安心感」のある中に「さりげなく美しいディテール」が効いているいかにもモーエンセンらしい椅子です。低座でコンパクト、掛け心地良し。オイル仕上げのマホガニーのフレームに比較的新しい黒の革張り。2脚並べた姿も綺麗です。
mahogany easy chair/ Borge Mogensen/ Fredericia社/DENMARK/ used
W66 D58 H68 SH38 cm /   SOLD OUT

 

  • facebook
  • google+
  • twitter
Tags:

2022/09/17

9/23からちょっとユニークな作品を展示します。もと宮大工という経歴を持つ若き木工作家、北田浩次郎さんの木の力作。樹齢150年もの杉やヒノキの丸太から削り出した重量感のある彫刻でありまたスツールやテーブルとしても機能する家具でもあります。(最初の作品写真ではどれも2つの部材を合体させたように見えますが実はこれ一つの塊から削られた1ピースなんです)どこか幾何学的なフォルムと針葉樹の美しい年輪、そしてマッシブな樹木の質感によって独自の世界が開かれています。一見対照的に思えるシンプルでTIMELESSな北欧家具との意外な?相乗効果も感じていただけると思います。
(スツール、テーブルとしても使用できる作品と同型の10cmほどの小さなオブジェ達も展示します)
期間9/23(金)〜10/10(月)  25日午後 北田さん在店
場所 TIMELESS  (個展形式ではありませんので通常の家具などはそのまま展示しています)

 

 

  • facebook
  • google+
  • twitter
Tags:
1 2 3 29

pagetop

facebook instagram